漆塗りネズミ短檠

漆塗りネズミ短檠

漆塗りネズミ短檠

時代

江戸

燃料

菜種油

高さ

74センチ

作品紹介

ネズミ短檠は、江戸時代のカラクリのあかりの道具です。受皿の油が燃えて減るとネズミの口から自動給油されます。受皿の油は、丁度良い量になると止まり油が、あふれる事はありません。

このネズミ短檠は、木製で漆塗りです。