竹ランプ

竹ランプ

竹ランプ

時代

明治

燃料

石油

高さ

左 70センチ   右 75センチ

作品紹介

中が空洞である竹の特性を生かしたランプです。空洞の部分に油壺が収まっています。

左は、竹に王将が彫刻されています。

右は、竹の節を生かしたデザインになっており、笠が珍しいラッキョ型です。